KIN - everyday fine objects in Tokyo

2019年10月5日(土)~11月4日(月祝) 11:00~18:30


[会場]CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店(CLASKA 2F)

CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店では、日本とスウェーデンの作家10名による企画展「KIN - everyday fine objects」を開催します。

スウェーデンと日本の親交150年を記念し、昨年スウェーデンで開催された本展。テキスタイルデザイナー Åsa Pärson さんの声掛けで、日本に起源を持ちスウェーデンで活躍する作家と、それぞれがパートナーとして選んだ作家、合計10名が集いました。

KIN という言葉は「家族・親類」という意味を持ち、スウェーデンと日本、ふたつの文化の間に存在する確かな繋がりを示しています。互いの文化や暮らしの在り方をインスピレーションの源に、スウェーデンのクラフトの世界に根付く「Vackrare Vardagsvara = 美しい日用品」という理念に基き制作された、毎日をより快適に、そしてより美しくしてくれる作品が並びます。

テキスタイルやガラス、ペーパーや陶器など。それぞれの素材を用いた楽しく多様な表現が、類似点や相違点について色んな角度から語り掛けます。ぜひこの機会にご覧ください

***
Keiji Otani (textile) - Åsa Pärson (textile)
Takao Momiyama (textile) - Margareta Heijkensköld Holmgren (textile)
Yoko Yamano Andersson (glass) - Stefan Andersson (ceramic)
Mihiro Burman (paperwork) - Mikael Löfström (wood)
Masayoshi Oya (ceramic) - Karin Mååg (ceramic)
***

More informations here.

https://www.claska.com/shop/exhibition/2019/09/kin.html

kin_dm.jpg
Masayoshi OyaClaska